就職はベンチャーでもなんでも良いのです|キングキングを目指せ

必要な資格

タクシードライバーになる方法について

job opportunity

タクシードライバーは、自動車を使って人を有償で目的地まで運ぶサービスを行う人のことを指します。タクシードライバーになるための大前提としては運転免許で第二種免許を保有していることが必須といえます。運転免許の第二種免許はバスやタクシーなど旅客自動車を旅客運送のために運転使用する場合に必要とされる免許であり、これがないと有償で人を乗せることができません。 そのためタクシードライバーやバスドライバーの求人では、第二種免許を保有していると優遇される傾向にあります。一方で求人では、第二種免許がない場合でも、その取得をサポートしてくれる会社もあります。この場合には免許取得に必要な費用を前借りすることができます。

タクシードライバーの種類について

タクシードライバーには、2種類あり、ひとつはタクシー会社に所属する者と、個人でタクシーを運行する者です。このうちタクシードライバーの求人を出しているのはタクシー会社になります。一方で個人でタクシーを運行するには一定の基準をクリアする必要があり、運転資金や営業拠点の確保、法令と地理試験にクリアする必要があり、ハードルの高いものとなっています。いずれにしても個人タクシーを運営するためには一定期間タクシー会社に所属している必要があり、タクシー会社の求人を経て個人タクシーを目指すことになります。 タクシードライバーという職業は、自動車の登場から始まったものですが、現在のように法整備が行われたのは戦後からになります。